カリキュラム

CURRICULUM

必修科目

ダイバーシティ実践論

担当教員:日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長) 最終更新:2017年10月16日
現代の福祉をより広い視点で捉え直すため、福祉の現場、政治、法律、社会学、次世代ロボット研究、文学、建築、IT、アート、文化政策など様々な領域の専門家を講師に迎えて、オムニバス形式で講義を行います。福祉の「今」のあり方を、他の様々な領域とのつながりをもって考える思考を培うことを通して、福祉とアートが重なる領域を創造的に構築していくことを目指します。
2017年4月10日

オリエンテーション

講師: 日比野 克彦(東京藝術大学 美術学部長)
2017年4月17日

なぜ、共生型社会なのか「地域共生社会の背景とねらい」

講師: 野崎 伸一(厚生労働省 政策統括官 社会保障担当参事官)
2017年5月1日

これからの市民に求められる態度2「トポスとしてのミュージアム」

講師: 伊藤達矢(東京藝術大学 特任准教授)
2017年5月8日

共生社会を考える1「弱いロボット」

講師: 岡田 美智男(豊橋技術科学大学 教授)
2017年5月15日

共生社会を考える2「VR認知症プロジェクト」

講師: 下河原 忠道(株式会社シルバーウッド 代表取締役)
2017年5月29日

共生社会を考える4「ホワイトハンズの活動について」

講師: 坂爪真吾(ホワイトハンズ代表)
2017年6月12日

共生社会を考える6「介護事業所における終末期ケア」

講師: 時田 佳代子(社会福祉法人 小田原福祉会 常務理事)
2017年6月19日

共生社会を考える7「建築と福祉」

講師: 金野 千恵(一級建築士/teco)
2017年6月26日

共生社会を考える8「アジャイル開発と介護のICTシステム」

講師: 藤原 士朗(ケアコラボ株式会社 代表取締役)
2017年7月10日

共生社会を考える10「クリエイティブサポートレッツの取り組み」

講師: 久保田 翠(認定NPO法人 クリエイティブサポートレッツ 理事長)
2017年10月2日

地域とつながる福祉拠点1 「暮らしの保健室とマギーズ東京」

講師: 秋山 正子(株式会社ケアーズ代表取締役、暮らしの保健室 室長、マギーズ東京 センター長)
2017年10月16日

地域とつながる福祉拠点2「恋する豚研究所と多古新町ハウス」

講師: 飯田 大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2017年10月23日

地域とつながる福祉拠点3 「シェア金沢」

講師: 雄谷 良成(社会福祉法人 佛子園 理事長)
2017年10月30日

アーティストの活動・文化事業から考える1 「ココルームの活動について」

講師: 上田假奈代 (詩人、NPO法人こえとことばとこころの部屋 代表)
2017年11月6日

アーティストの活動・文化事業から考える2「老いと演劇 〜認知症の人と"いまここ"を楽しむ〜」

講師: 菅原 直樹(俳優、介護福祉士、「老いと演劇」OiBokkeShi主宰)
2017年11月13日

アーティストの活動・文化事業から考える3「ダイバーシティとBeyond2020」

講師: 太下 義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング芸術・文化政策センター主席研究員/センター長)
2017年12月4日

アーティストの活動・文化事業から考える6「南米の福祉施設での交流の現場」

講師: BIENALSUR参加アーティスト 五十嵐靖晃・岩田とも子・永岡大輔()
2018年1月15日

アーティストの活動・文化事業から考える9「スローレーベルの活動について」

講師: 野崎 美樹(SLOW LABELプロジェクトマネージャー/コーディネーター)
2018年1月22日

【公開講義】 アーティストの活動・文化事業から考える10「福祉の課題をクリエイティブにプロデュースする方法」

講師: 日比野 和雅(NHKプラネット近畿総支社番組制作センター/NHK Eテレ「バリバラ」元プロデューサー)
2018年1月29日

【公開講義】 国際現代美術ビエンナーレ”BIENALSUR” 〜国境・民族・地域・属性を超えて南米から発信される「グローバルな南」とは〜 

講師: ディアナ・ウェシュラー(BIENALSUR アート・学術ディレクター、国立トレス・デ・フェブレロ大学文化芸術研究所ディレクター/アルゼンチン) 、藤原信幸(東京藝術大学美術学部工芸科教授)、日比野克彦(本学美術学部学部長)他()
2018年4月9日

オリエンテーション

講師: 日比野 克彦(東京藝術大学 美術学部長)
2018年4月16日

当事者との対話1「誰もが誰かのALLY(アライ)になれる」

講師: 松岡宗嗣(一般社団法人fair 代表理事)
2018年4月23日

当事者との対話2「ユースの声を」

講師: 坂本歩(IFCA (インターナショナル・フォスターケア・アライアンス) アウトリーチ・コーディネーター)
2018年5月7日

当事者との対話3「ALSと共に歩み、今そして、将来を生きる」

講師: 真下貴久(ましも たかひさ)(ALS協会)
2018年5月14日

当事者との対話4「バリアフリーとは何か」

講師: 福島智(東京大学先端科学技術研究センター教授)
2018年5月21日

当事者との対話5「性的な支援、介助について」

講師: 熊篠 慶彦(特定非営利活動法人 ノアール代表)
2018年5月28日

当事者との対話6「社会・人との関わりの中で生きること」

講師: 石田 祐貴(筑波大学 人間総合科学研究科 大学院生)
2018年6月4日

当事者との対話7「(鼎談)弁護士×性風俗店経営者×現役風俗嬢 "風テラス"の取り組みから考える」

講師: 浦崎 寛泰(弁護士・社会福祉士・弁護士法人ソーシャルワーカーズ代表)/篠原 政見(株式会社U.D.B代表取締役・鶯谷デッドボール創業者)/アボット(鶯谷デッドボール所属[広報部長])
2018年6月11日

当事者との対話8「外国にルーツを持つ子どもと教育」

講師: 王 幸美(認定NPO法人多文化共生センター東京 事務局職員)
2018年6月18日

当事者との対話9「孤立と薬物依存」

講師: 近藤 恒夫(日本ダルク代表)/田代 まさし(日本ダルクスタッフ、元タレント)
2018年7月2日

当事者との対話11「くぼたたけしと表現未満、」

講師: 久保田 翠(認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ代表理事)
2018年7月9日

当事者との対話12「"障害者のリアルに迫る" 東大ゼミ. その後」

講師: 野沢 和弘(毎日新聞)/御代田 太一(社会福祉法人グロー 救護施設「ひのたに園」生活支援員)/飯田 大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2018年7月16日

当事者との対話13

講師: 伊藤達矢(東京藝術大学 特任准教授)
2018年10月1日

アーティストの活動1

講師: 坂口恭平()
2018年10月15日

アーティストの活動2

講師: 菅原 直樹(俳優、介護福祉士、「老いと演劇」OiBokkeShi主宰)
2018年10月22日

アーティストの活動3

講師: 細馬 宏通(滋賀県立大学人間文化学部教授)
2018年10月29日

アーティストの活動4

講師: 藤井 光(美術家、映像作家)
2018年11月5日

アーティストの活動5

講師: 小林 めぐみ(福島県立博物館専門学芸員)
2018年11月12日

アーティストの活動6

講師: 金野 千恵(一級建築士/teco)
2018年11月19日

アーティストの活動7

講師: ()
2018年11月26日

アーティストの活動8

講師: ()
2018年12月3日

アーティストの活動9

講師: 西尾 美也(美術家)
2018年12月10日

アーティストの活動10

講師: ()
2018年12月17日

アーティストの活動11

講師: 寺田ユースケ()
全て表示(全56件)

プログラム実践演習

担当教員:日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長) 最終更新:2017年11月6日
社会の中でアートを介し、多様な人々との交流の場を作り出す実践について学びます。地域や福祉施設で実施するワークショップの企画立案をグループで行い、実際の現場経験を通しながら体得することを目指します。日比野克彦が関わるアートプロジェクトなどへの参加も通して学びを深めていきます。

初回ガイダンス「リアクション・コレクション」

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

グループワーク

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

グループワーク 途中経過報告会

講師: 日比野克彦 / 伊藤達矢(東京藝術大学 美術学部長 / 東京藝術大学 特任准教授)

グループワーク 講評会

講師: 日比野克彦 / 伊藤達矢(東京藝術大学 美術学部長 / 東京藝術大学 特任准教授)

オリエンテーション / フィジカルコミュニケーション

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

グループ分け①

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

途中経過報告会①

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

講評会①

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

グループ分け②

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

途中経過報告会②

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)

講評会②

講師: 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長)
全て表示(全12件)

ケア原論

担当教員:伊藤達矢(東京藝術大学 特任准教授 ) 最終更新:2017年11月17日
福祉の成り立ちの歴史を知り、且つ現在の福祉施設などを取り巻く環境が抱える問題について理解を深めます。その上で創造的な取り組み事例を参照することで、現代の福祉とアートの接点について考えてゆきます。現在の社会福祉という概念がどういった流れを経て生まれてきたかを知り、加えてアートを介して現在の福祉をより多角的な視点で捉えてゆくことを授業の目的としています。
2017年10月7日

生活保障の成り立ちとその転換 交差点型社会へ

講師: 宮本太郎(中央大学)
2017年11月4日

虐待防止 地域共生型福祉へ

講師: 野沢和弘(毎日新聞)
2017年11月18日

介護の成り立ちから介護の目的論へ

講師: 飯田大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2017年11月25日

介護の目的論の理解と対象論

講師: 飯田大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2017年12月9日

観察論 ケアにおける観察の重要性

講師: 飯田大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2017年12月16日

アートとしてのケア技術1 在宅でささえる医療

講師: 佐々木淳(医療法人社団悠翔会  代表医師)
2018年1月13日

アートとしてのケア技術2 介護民俗学とは何か

講師: 六車由実(民俗学者、介護職員、社会福祉士)
2018年1月27日

ケア原論 講義のまとめ

講師: 飯田大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2018年10月13日

介護の成り立ち・目的論

講師: 飯田大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2018年10月20日

対象論

講師: 飯田大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2018年10月27日

観察論

講師: 飯田大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
2019年1月26日

講義のまとめ

講師: 飯田大輔(社会福祉法人 福祉楽団 理事長)
全て表示(全18件)

ケア実践場面分析演習

担当教員:日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長) 最終更新:2017年12月11日
SOMPOホールディングスなどの施設にて介護体験を行い、福祉施設への理解を深めます。また、利用者の個性やニーズのリサーチを行い、アートと福祉施設の接点を探っていきます。それを踏まえ、どうすればケアの現場をより社会に開かれた場にできるかなどを考えるグループワークを行います。
2017年10月7日

調査実習の振り返り

講師: 飯田大輔 / 金野千恵(社会福祉法人 福祉楽団 理事長 / 一級建築士、teco)
2017年10月21日〜

福祉施設への視察訪問

講師: ()
2017年11月12日

視察の振り返り・講義のまとめ

講師: 飯田大輔 / 金野千恵(社会福祉法人 福祉楽団 理事長 / 一級建築士、teco)
2018年10月13日

調査実習の振り返り

講師: 金野千恵(一級建築士、teco)
全て表示(全7件)