お知らせ

INFOMATION
                    2023info_1st                
2023年受講生募集
【2023年の受講生募集中!!】[締切:2月15日(水) 消印有効] 東京藝術大学で1年間学べる「アート×福祉」の講座です。モノづくりが苦手な方でも大丈夫ですので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。受講されますと、東京藝大「Diversity on the Arts project」(通称DOOR)から履修証明書が授与されます。
続きを読む
                    voice202301                
現役受講生からのメッセージ(2023年1月 公開講座トークセッションより)
VOICE① 山中翔さん (藝大生) (東京藝術大学美術研究科学生/2022年度受講/茨城県在住) アートと福祉をまたいで様々な方々の生き方、考え方を垣間見ることができました   ①DOORプロジェクトへ参加した(知った)きっかけ  私は東京藝術大学大学院美術研究科で、美術教育研究室に所属し、日本画の実技制作研究とともに美術を論じることを研究しています。DOORプロジェクト……
続きを読む
                    open-lecture-2023                
オンラインDOOR公開講座のお知らせ 2023年1月16日(月)、23日(月)
  「DOOR 公開講座」では、次年度からの受講を検討している方を対象に、1年間の授業についての説明と受講生と修了生の声を聞く 「トークセッション」を行います。また1月23日の回はゲストによる講義も開催します。お気軽にご参加ください。   【日時①】2023年1月16日(月) 17:00-18:30(トークセッション) 【日時②】2023年1月23日(月) 1……
続きを読む
                    door-close2022                
DOOR 冬季休業期間について
下記日程で冬季休業(閉室)となります。 DOOR閉室期間:2022年12月27日(火)〜2023年1月5日(木)   恐れ入りますが、メールでのお問い合わせへのお返事は1月6日(金)以降となりますので、 予めご了承いただきますようお願いいたします。……
続きを読む
                    care_exhibition2022                
2023年2月5日〜7日「ケア実践場面分析演習 成果発表展」開催!
東京藝術大学Diversity on the Arts Project(通称DOOR)は、「アート×福祉」をテーマに「多様な人々が共生できる社会」を支える人材を育成するプロジェクトで、多様なバックグラウンドや専門領域を持つ社会人と藝大生が一緒に学んでいます。 本授業は実際の福祉の現場と交流し、グループワークによって実習と制作を行う授業です。今年で3年目を迎える「子どもたちの生きる環境」をテーマと……
続きを読む
                    public_door_world-people-cup                
【変化するパブリックアート】「WORLD PEOPLE CUP」東京藝大 国際交流会館 への設置
プログラム実践演習で制作したCUPが、「アジア代表日本2022」で制作したCUPとともに、変化するパブリックアートに設置されました。     「WORLD PEOPLE CUP」は、アジアの国々をイメージ・テーマとしたCUP(器)を「想いが宿るモノ」と捉え、カタールW杯アジア最終予選に参加した46カ国が、自国の文化を携えて世界に向かう気持ちを「優勝杯」という形……
続きを読む
                    harunosekai                
「ハルの世界 〜感覚過敏のぼくが電車に乗るまで〜」公開開始
2022年度の「ドキュメンタリー映像演習」では、プログラム実践演習で実施された「センサリールーム (感覚過敏や自閉症などで、大きな音や人混み、強い刺激を苦手とする方やそのご家族が、安心して試合 を観戦できる部屋)プロジェクト」のテーマを起点とし、感覚過敏などの特徴がある人の声を届け、社会の ユニバーサルデザインが変化する契機となるようなドキュメンタリー映像の制作を行いました。 その一環で、……
続きを読む
                    asiadaihyonihon_2022_exhibition                
【展覧会】アジア代表日本2022「WORLD PEOPLE CUP」
今年のプログラム実践演習でも行った、「WORLD PEOPLE CUP」を作るワークショップ。完成した作品の一部が九州国立博物館での展覧会に出展しています! みんなで作った作品を是非お立ち寄りください。 総合演出を日比野克彦、ワークショップアーディストとしてプログラム実践演習の担当講師・布下翔碁が参加しています。     展覧会会場の三次元空間画像を公開しました ……
続きを読む