お知らせ

INFOMATION
                    exhibition_care_2022                
ケア実践場面分析演習 成果展 2022年 1/26-1/30
 ケア実践場面分析演習「"現場を伝える"をつくる」は福祉の現場をより社会に開かれた場とする方法を考察し、自らの活動を作り出すための実践です。今年度は「子どもたちの生きる環境」をテーマに受講生が親と離れて暮らす子どもたちやその支援の現場との交流から作品を制作しました。日々思索し議論を重ねながらつくった作品をご覧頂ければ幸いです。     ケア実践場面分析演習成……
続きを読む
                    2022info_1st                
2022年受講生募集
【2022年の受講生募集中!!】[締切:2月15日(火) 消印有効] 東京藝術大学で1年間学べる「アート×福祉」の講座です。モノづくりが苦手な方でも大丈夫ですので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。受講されますと、東京藝大「Diversity on the Arts project」(通称DOOR)から履修証明書が授与されます。
続きを読む
                    open-lecture-2022                
オンラインDOOR公開講座のお知らせ 2022年1月17日(月)、24日(月)
  「DOOR公開講座」では次年度からの受講を検討している方を対象に、1年間の授業についての説明と受講生の声を聞く 「トークセッション」を行います。また、ゲストによる講義も開催します。お気軽にご参加ください。   【日時①】2022年1月17日(月) 17:00-18:20(トークセッション)、18:20-19:50(特別講義) 【日時②】2022年1月24日……
続きを読む
                    sensoryroom_2021                
[プログラム実践演習]障がいのある方々の困難な体験環境をアートで解決する センサリールームプロジェクト
感覚過敏の子どもとその家族が観戦するための部屋を制作しスタジアム内に設置します。 プログラム実践演習の授業で受講生が出したアイディアをもとに、インストーラーがプロダクト化したセンサリールームや大学院美術研究科デザイン専攻 Design Embody(橋本和幸研究室)が制作したセンサリールムが天皇杯の試合会場で実際に使用されます。   パース:センサリールーム01  制作:……
続きを読む
                    care_2021_koyama                
[ケア実践場面分析演習]いってらっしゃい と おかえり のあるところ 子山ホーム展 ― 夢の理由ならここにある ―
受講生が企画した、「子どもたちの生きる環境」を伝える展覧会です。 DOORの実習授業「ケア実践場面分析演習 現場を伝えるを”つくる”」では「子どもたちの生きる環境」をテーマに6つのチームに分かれ、取材や体験、制作を行っています。   [ケア実践場面分析演習] いってらっしゃい と おかえり のあるところ  子山ホーム展 ― 夢の理由ならここにある ―   |日 程……
続きを読む
                    sdgs_arts                
[SDGs×ARTs展]十七の的(まと)の素(もと)には芸術がある
「I LOVE YOU」プロジェクトの一環として開催中の「SDGs×ARTs展」。監修日比野克彦・企画制作をDOORが担当しています。 https://www.sdgsarts.geidai.ac.jp/ DOORの授業プログラム実践演習で進行中のセンサリールームプロジェクトや、ケア実践場面分析演習で制作した修了生の作品「ちいさな夢、始めました」も展示されています。   ……
続きを読む
                    202101voice                
現役受講生からのメッセージ(2021年1月 公開講座トークセッションより)
2021年1月18日と25日に開催された公開講座で、受講生6名とのトークセッションが行われました。その内容をこちらに掲載します。現役の受講生の生の声を、是非ご覧ください。 (随時更新・掲載いたします。)  *上記記事のリンクはこちら→ http://icd-color.com/tatsujin/201710102205/ *TURNウェブサイトはこちら→ https://tur……
続きを読む
                    %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e6%9c%89%e5%bf%97%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%b1%95%e8%a6%a7%e4%bc%9a%e3%80%8cinside-diversity-%e5%86%85%e3%81%aa%e3%82%8b%e5%a4%9a%e6%a7%98%e6%80%a7-%e3%80%8d                
スタッフ有志による展覧会「Inside Diversity -内なる多様性-」開催中(〜2/4)
DOORプロジェクトスタッフ有志展のお知らせです。 DOORプログラムオフィサー・TAであるスタッフの中には、元々、表現活動を行なっているスタッフも多々おります。 DOORのテーマでもある「ダイバーシティ」をテーマに、普段の授業ではお見せしないスタッフの作品展示をしています。 DOORの授業と携わり、今までの表現へはどのような影響があったのか?本展ではスタッフ個々の表現活動を通して、芸術と福……
続きを読む
                    aissagano2020_start                
アーティスト・イン・そんぽの家S嵯峨野2020スタート
東京藝術大学とSOMPOケア株式会社が行なう『アーティスト・イン・そんぽの家S 嵯峨野』が2020年7月1日にスタート。 アーティストとして、2019年度アーティスト・イン・そんぽの家王子神谷に1年間居住した柳雄斗が、活動の場を京都移し、高齢者向け住宅に1年間居住しています。 日々の活動の中から福祉施設と地域が溶け合う街をつくる「ハルマチ野外演劇プロジェクト」を立ち上げました。 &nbs……
続きを読む
                    aisojikamiya2020                
アーティスト・イン・そんぽの家S王子神谷2020
東京藝術大学とSOMPOケア株式会社が行なう『アーティスト・イン・そんぽの家S 王子神谷(AiS)』が3年目を迎えました。 今年度入居したのはDOORの三期生。SOMPOケアの運営するサービス付き高齢者向け住宅に1年間あまり居住し、そこに住む人々との関係を育みながら作品制作を行なっています。 *プロジェクトの最新情報はそんぽの家S王子神谷やDOORプロジェクトのホームページ、アーティストのS……
続きを読む