AiS(アーティスト・イン・そんぽの家)とは

ABOUT PROJECT

DOOR修了生/東京藝術大学学生・卒業生が、SOMPOケアの運営するサービス付き高齢者向け住宅に1年間居住し、そこに住む人々との関係を育みながら作品制作を行ないます。
2017年、そんぽの家S王子神谷にてスタートし、現在までに計7名のアーティストが居住しています。

【お知らせ】

ふるさと納税型クラウドファンディング参加中!
「京都市ふるさと納税×アーティスト応援|創作を途絶えさせない」ハルマチ野外演劇プロジェクト
(作家:柳雄斗/場所:そんぽの家S嵯峨野)

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。https://readyfor.jp/projects/kyotocityartproject2020

ハルマチ野外演劇プロジェクトの詳細はこちら→ https://www.harumachiproject.com

プロジェクト PROJECT

アーティスト・イン・そんぽの家S王子神谷

場所: SOMPOケア そんぽの家S 王子神谷
(サービス付き高齢者向け住宅)
東京都足立区新田1丁目3-19
TEL:03-5902-3791
期間: 2018年4月〜(滞在期間1年間・2名ずつ滞在)
■レジデンスアーティスト
|そんぽの家S王子神谷
2018年度 横田紗世、垣内晴
2019年度 柳 雄斗、楼 婕琳
2020年度 高橋 若余、小久江 峻

アーティスト・イン・そんぽの家S嵯峨野

場所: SOMPOケア そんぽの家S 嵯峨野
(サービス付き高齢者向け住宅)
京都府京都市右京区嵯峨野清水町10
TEL:075-863-5377
期間: 2020年7月~(滞在期間1年間)
■レジデンスアーティスト
2020年度 柳 雄斗

アーティストの声

INTERVIEW

DOORでの様々な学びや体験を経て、自身にどのような変化があったのか?受講している時の家族の反応は?今はどんな事をしているのか?修了生のインタビューです。

東京藝術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻修了 柳 雄斗さん(2019年度 そんぽの家S王子神谷 )

「この劇場(ハコ)で何が起こるか?」

東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了、DOOR1期生 楼 婕琳さん(2019年度 そんぽの家S王子神谷 )

「ここに住み込むこと、それ自体がアート」

レジデンスアーティスト