ケア実践場面分析演習 成果展 2022年 1/26-1/30

 ケア実践場面分析演習「”現場を伝える”をつくる」は福祉の現場をより社会に開かれた場とする方法を考察し、自らの活動を作り出すための実践です。今年度は「子どもたちの生きる環境」をテーマに受講生が親と離れて暮らす子どもたちやその支援の現場との交流から作品を制作しました。日々思索し議論を重ねながらつくった作品をご覧頂ければ幸いです。

 

 

ケア実践場面分析演習成果展

”現場を伝える”をつくる 子どもたちの生きる環境

日程:2021年1月26日(水)-1月30日(日)  13:00 ~ 19:00 *会期中無休
入場料:無料
会場:DOOROOM    〒110-0002 東京都台東区上野桜木 1-7-5 ハウス上野の山 B1
MAIL: info-door@ml.geidai.ac.jp
URL:http://door.geidai.ac.jp/

 

|2022年度実習先:

千葉市児童相談所 

社会福祉法人チルドレンスパラダイス子山ホーム

ひまわり会(千葉市里親会)

川瀬信一

社会福祉法人みねやま福祉会

 

 

*来場 多数の場合お待ちいただくことがあります。

*状況により予約制となる場合があります。変更の際はこのページにて発表いたします。

 
 
>>2021年度の講義の様子はこちら
>>2020年度の実習の様子はこちら

 

講師:金野千恵(建築家/teco)

1981 年神奈川県生まれ。2011 年東京工業大学大学院博士課程修了、博士(工学)。2013-16 年 日本工業大学助教。2015 年より t e c o を共同で設立。

現在、東京大学、東京藝術大学など゙にて 非常勤講師。

住宅や福祉施設の設計、まちづくり、アートインスタレーションを手がけるなかで、仕組みや制度を横断する空間づくりを試みている。主な作品に住宅「向陽ロッジアハウス」、訪問介 護事業所「地域ケアよしかわ」(2014)、「幼・老・食の堂」など。2021年より、京都工芸繊維大特任准教授。

https://teco.studio/

 

 

 

 

 

アクセス

住所:DOOROOM   〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-7-5 ハウス上野の山 B1

Mal:info-door@ml.geidai.ac.jp