スタッフ

STAFF

  • 日比野 克彦 東京藝術大学 美術学部長

    個人での作品制作のみならず、より多くの人とワークショップ形式で地域の特性を生かした創作活動を行っている。受け取り手の感受する力に焦点をあて、社会で芸術が機能する仕組みを創出する。現在、全国各地で 18 のアートプロジェクトが進行中。
  • 伊藤 達矢 東京藝術大学美術学部 特任准教授

    福島県会津地方で行なわれる「森のはこ舟アートプロジェクト」ディレクターや、「福島藝術計画×Art Spport Tohoku-Tkyo」企画運営など、数々のアートプロジェクトを手掛ける。
  • 田中 一平 東京藝術大学美術学部 特任助教

    東京藝術大学美術学部 先端芸術表現科卒業。同科修士課程修了。 2011年より同科教育研究助手・助教を経て、2018年度より、本プロジェクトに就任。青森県八戸市「八戸工場大学」(2013年)、栃木県益子市「土祭2014」などのアートプロジェクトに参加。廃材をリユースし家具製作をする「ProjectRECON」の立上げや、金属などを用い作品の制作を行なっている。
  • 新妻 葉子 東京藝術大学美術学部 特任助手

    アーティストと地域が恊働するプロジェクトに多く携わる。「アートユニバーシアード菜の花里見発見展(2002)」「越後妻有アートトリエンナーレ2003」「F/T11」「さいたまトリエンナーレ2016」「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」など多数。
  • 太田 代輔 東京藝術大学美術学部 特任研究員

    民間企業での勤務の傍ら、とびらプロジェクトにてアート・コミュニケータ(とびラー)として活動。美術館に訪れる多様な人びとを、アート・コミュニケーションによって結ぶ活動を3年間実践する。とびラー卒業後も都内の美術館を中心に、多様な人々とアートを楽しむ場づくりを続けている。
  • 山本 明日香 東京藝術大学美術学部 特任研究員

    民放テレビ局退職後、東京藝大と東京都美術館の「とびらプロジェクト」1期生に。多様性の尊重、他者との関係構築など、日常生活での人との関わり方にアートが変化をもたらすことを体感。小学生、認知症の人とその家族等と、対話によるアート鑑賞プログラムを続けている。
  • 奥山 理子 東京藝術大学美術学部 特任研究員

    母の障害者支援施設みずのき施設長就任に伴い、12歳より休日をみずのきで過ごす。2007年以降の法人主催のアートプロジェクトや農園活動にボランティアで従事した後、2012年みずのき美術館の立ち上げに携わり、現在企画運営を担う。
企画、制作した主な展覧会に「ayubune 舟を作る」(2014年)、日本財団アール・ブリュット美術館合同企画展2014-2015「」(2014- 2015年)、「共生の芸術展『DOOR』」(京都府委託事業、2014年、2015年)、など。2015年より、アーツカウンシル東京TURNコーディネーター。
  • 下澤 希望 東京藝術大学 美術研究科 先端芸術表現専攻 修士二年

    日本大学芸術学部卒業後、東京藝術大学修士課程に進学。日比野研究室に所属し、細密画を制作している。社会的弱者が生み出すアートに興味を持ち、DOORにてティーチングアシスタントとして就業中。