DOOR to DOORプロジェクトスタッフ

PROJECT STAFF
    • 日比野 克彦 東京藝術大学 美術学部長

      個人での作品制作のみならず、より多くの人とワークショップ形式で地域の特性を生かした創作活動を行っている。受け取り手の感受する力に焦点をあて、社会で芸術が機能する仕組みを創出する。現在、全国各地で18のアートプロジェクトが進行中。

    • 伊藤 達矢 東京藝術大学美術学部 特任准教授

      福島県会津地方で行なわれる「森のはこ舟アートプロジェクト」ディレクターや、「福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo」企画運営など、数々のアートプロジェクトを手掛ける。

    • 田中 一平 東京藝術大学美術学部 特任助教

      東京藝術大学美術学部 先端芸術表現科卒業。同科修士課程修了。
      2011年より同科教育研究助手・助教を経て、2018年度より、本プロジェクトに就任。青森県八戸市「八戸工場大学」(2013年)、栃木県益子市「土祭2014」などのアートプロジェクトに参加。廃材をリユースし家具製作をする「ProjectRECON」の立上げや、金属などを用い作品の制作を行なっている。

    •  


      栗山 斉
      東京藝術大学 非常勤講師

      東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現領域博士後期課程修了(博士号取得)。 ライトや写真など様々なメディアを用いた作品制作を通じて、「無」や「存在」といった概念がいかなるものなのか探求している。http://hitoshikuriyama.com

    •  


      下浦 真実
      東京藝術大学 特任研究員

      DOOR2 期生。様々な当事者の方との出会いが、自身の価値観を見つめ直すきっかけ となった。講義で得られた学び、気づきや揺らぎを修了後も生かしたいという思いから、今年度 DOOR to DOOR にスタッフとして参加。

    •  


      髙橋 美苗
      スタッフ

      前職で障害に特化した訪問介護に従事し、障害がある人の芸術活動に出会う。これまでに多様な背景をもつ作家に焦点をあてた展覧会の制作やイベントの企画に携わり、2019年度よりDOOR to DOORスタッフとして参加。