• 必修科目
  • ダイバーシティ実践論
2020
1/27

ダイバーシティ実践論14 「感性と科学」

講師: ロマントゥルブレ(Taro Ocean財団エグゼクティブディレクタ)/澤和樹(東京藝大学長)/日比野克彦(東京藝大美術学部長)/古川聖(東京藝大教授)()
「感性と芸術」をテーマに、3人の講師がプレゼンテーションを行いました。

1.東京藝術大学先端芸術表現科教授・古川聖
古川さんは、脳波が奏でる音楽のプロジェクトに携わっています。脳波音楽と言われてもイメージがわかない人が多いかもしれません。一般的に、音楽と言えば、声や楽器を使います。古川さんは、科学者や研究所と共同で、声や手を介さずに、思考や感情の動きを音に変換する、これまでにない新たな表現の可能性を模索し、脳波で演奏可能な楽器を開発、国内にとどまらず、海外でも演奏活動を行なっています。

2.東京藝術大学学長・澤和樹
澤さんは、藝大が取り組むArts Meet Science(通称AMS)を紹介しました。AMSは、芸術と科学が繋がりを深め、心身ともに健やかな社会に貢献することを目指すプロジェクトで、海外から識者を招いたシンポジウムや、他大学と連携した活動を行なっています。澤さんは「芸術が世の中のために活きるものであることを科学や医学の力で証明したい」と語り、自身が“究極の癒し”と考える「タイスの瞑想曲」をヴァイオリンで披露しました。

3.Tara Ocean財団エグゼクティブディレクター・ロマントゥルブレ
最後は、船で世界を巡り、海洋調査や環境保護活動をしているロマン・トゥルブレさんが登壇しました。16人乗りの船「タラ号」に、科学者とアーティストが乗船し、3週間の旅に出ます。大海原で寝食を共にしながら、乗船者は互いの興味や専門性を分かち合います。その過程で、科学者の話をアーティストがドローイング作品にするなど、共同作業も生まれるのだそうです。継続的な研究も行われ、気候変動や、海洋生物多様性など、様々なプロジェクトの成果はシンポジウム、科学専門雑誌等で発表されています。

プレゼテーションの後、日比野克彦・東京藝術大学美術学部長が加わり、座談会を行いました。日比野さんは、「芸術と科学は、一見、文系と理系のように、異なる領域であるような印象を持つ人が多いけれども、未知のことを追求するということにおいては、両者は共通する部分が大きい」と指摘しました。また、DOORプロジェクトのテーマである「福祉×芸術」にも触れ、「福祉は、人間社会、社会的な課題と捉えることもできる。それらに芸術がどう取り組むのか。表面的ではなく、根本的なところを捉え、追求して、解決の糸口を見つけていきたい」と結びました。