• 必修科目
  • ダイバーシティ実践論
2019
12/16

ダイバーシティ実践論10

講師: 向谷地 生良(北海道医療大学教授/浦河べてるの家理事)
講義レポートは、講義終了後にアップします。

講師プロフィール

北海道医療大学教授/浦河べてるの家理事

向谷地 生良

青森県十和田市出身。
1978年4月より北海道日高にある総合病院のソーシャルワーカーとして勤務。
1984年4月に「浦河べてる(“神の家”の意)の家」の設立に参加。メンバーと一緒に日高昆布の産直をはじめとする起業に挑戦。
2001年に自助の取り組みとして「当事者研究」を創案、開始する。
2003年4月より、北海道医療大学看護福祉学部で教鞭をとりながら、べてるのメンバーとともに「当事者研究」の普及をめざして国内はもとより、海外を飛び回っている。

○著書「べてるの家の非援助論―共著・医学書院」、「べてるの家から吹く風・いのちのことば社」、「技法以前」医学書院他多数