• 必修科目
  • ダイバーシティ実践論
2019
10/21

ダイバーシティ実践論8「自分らしくいきる ~多様性を認めていく中から生まれるフルインクルージョン~」

講師: 玉木 幸則(NHK「バリバラ」パーソナリティ/社会福祉士)
私は、西宮市社会福祉協議会で「相談」に関わる仕事をする傍ら、NHK Eテレで放送されている「みんなのためバリアフリーバラエティー『バリバラ』」に出演しています。番組が始まった当初は、「障害者のための情報バラエティー」と言っていたのですが、「生きづらさ」や「暮らしにくさ」という視点に着目すると、実は、障害のある人に特化した問題ではないということが、見えてきました。

共生社会の再考がいわれる一方、『合理化』『効率性』『生産性』というような話しが見え隠れするなか、本当に社会から疎外されて、孤立してしまっている人はいないのか。その人が、その人らしく生き続けられていくためには、何を考えていかなければならないのか。

人が「生まれること」「生きていくこと」「生を終えていくこと」に向き合っていきたいと思います。

 

*講義レポートは、講義終了後にアップします。

講師プロフィール

NHK「バリバラ」パーソナリティ/社会福祉士

玉木 幸則

社会福祉法人 西宮市社会福祉協議会 地域生活支援課 地域福祉権利擁護係 係長
特定非営利活動法人日本相談支援専門員協会 顧問
一般社団法人兵庫県相談支援ネットワーク 代表理事
内閣府 障害者政策委員会委員 等
NHK Eテレ  毎週木曜日 20:00~20:29
みんなのためのバリアフリー・バラエティ「バリバラ」にレギュラー出演中

1968年兵庫県姫路市に仮死状態で生まれる。4歳そこそこで肢体不自由児療育施設に入所、障害者としての洗礼を浴びる。
小中学校は、地元の普通学級で学ぶも、高等学校だけ泣く泣く養護学校へ。
1991年日本福祉大学社会福祉学部第Ⅱ部卒業後、知的障害者通所授産施設に勤務するが1年で退職。
1992年自立生活センター・メインストリーム協会事務局次長に就任以後、障害者の自立生活運動にのめりこむ。
2009年4月~2012年3月まで NHK Eテレ「きらっといきる」パーソナリティを務める
2012年9月末でメインストリーム協会を退職。
2013年4月社会福祉法人 西宮市社会福祉協議会へ転職。